天気予報

13

6

みん経トピックス

小倉の町内会が被災地支援北九州市「産業遺産」動画

漫画家・畑タイムさんが「北九州路地裏さんぽ」出版 40年超のライフワーク

漫画家・畑タイムさんが「北九州路地裏さんぽ」出版 40年超のライフワーク

漫画家・畑たいむさんで「北九州市漫画ミュージアム」館長の田中時彦さん

写真を拡大 地図を拡大

 北九州市漫画ミュージアム(北九州市小倉北区浅野2)館長の田中時彦さんが3月7日、イラストとエッセーをつづった本「北九州路地裏さんぽ」を出版した。

 40年以上前に「少年マガジン」でペンネーム「畑(はたけ)たいむ」として漫画家デビューした田中さん。デビュー作は、当時人気だった相撲取りをモチーフにした「スーパーぶたーまん」。

 「(毎週のペースで)ギャグ漫画の連載を続けていると、やがて描けなくなる。そんなときに路地裏を歩いてイラストを描くことを思いついた」と振り返り、約40年にわたるライフワークとなった「路地裏」シリーズのきっかけを話す。

 「路地を歩いて何かを描いていると犬にほえられ、不審者と間違われるなど苦労も多かった」と田中さん。苦労話だけでなく「招き入れられて食事をごちそうになったり、モデルとなった家の方から熱烈なファンレターをもらったりした」と笑顔で振り返る。描きためたイラストはほかに100点以上あり、「売れ行き次第では続編を」と期待を込める。

 市内7区にわたって42カ所を掲載した。体裁はB5版100ページ。1,296円。「クエスト小倉本店」(馬借1)や「くまざわ書店」(浅野1)などで扱う。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

枝光の「末広食堂」(北九州市八幡東区宮田町4)が12月22日で閉店することがわかった。「デカ盛り」が話題で、近隣の高校生やサラリーマンに支持を得ていたが、店内の張り紙によると「このところ気力はあってもふたりとも体がついて行かなくなり、寄る年波に勝てず、本当に残念ですが年内で終わることとしこういう時期を迎えることといたしました。私たちがこの店を継いで50年、お客さまにここまでご愛顧いただき感謝の気持ちでいっぱいです。厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました。12月22日まではよろしくお願いいたします」(原文ママ)とある。
[拡大写真]

アクセスランキング