天気予報

34

26

みん経トピックス

新幹線小倉駅の発車予告音小倉の辻利茶舗リニューアル

小倉・紫川で復興支援イベント「大歌声喫茶」 市民200人が合唱披露

小倉・紫川で復興支援イベント「大歌声喫茶」 市民200人が合唱披露

「紫江's」に隣接する水上ステージ前に集まった市民ら

写真を拡大 地図を拡大

 小倉・紫川の「水上ステージ」(北九州市小倉北区船場町)で3月11日、市民らが集まり歌う「紫川大歌声喫茶2016」が行われた。主催はまちづくり団体「We Love小倉協議会」(同紺屋町13)を中心とする実行委員会。

 この日は13時から、地域活動を担う大学生や元「175R(イナゴライダー)」のギタリスト・カズヤさんの呼び掛けで集まった20人のギタリストたちの演奏を皮切りにイベントが始まった。

 東日本大地震が起こった14時46分に参加者全員で黙とうをささげた後、15時から、高校生から70代のシニア世代まで幅広い年齢層の市民ら約200人が、「合唱組曲 北九州」「花は咲く」など10曲を歌い上げた。

 実行委員長の辻利之さんは「復興という言葉も以前ほど聞かれなくなった。被災地への思いを風化させないようにと当イベントを2014年から続けている。これまでと同様、市民センターなどに集まる市民たちと共に歌の練習を重ねてきた」と話す。

 ステージ近くでは同日、宮城県の特産品販売や「芋煮」の振る舞いが行われた。会場で集めた募金は「福岡宮城県人会」(熊本町2)を通じて被災地へ送るという。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

昨年から植えられている4000本のヒマワリが見頃を迎えている
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング