天気予報

13

6

みん経トピックス

小倉にナポリ風ピザ新店小倉・紫川に屋形船

小倉のグラフィックデザイナーが「ZINE」発行 北九州の「錆」に着目

小倉のグラフィックデザイナーが「ZINE」発行 北九州の「錆」に着目

グラフィックデザイナーの岡崎友則さん

写真を拡大 地図を拡大

 北九州で活動するグラフィックデザイナーの岡崎友則さんが3月、自ら編集・デザインした小冊子「錆ZINE(サビジン)」を発行した。

 「北九州芸術劇場」(北九州市小倉北区室町1)が昨年から主宰しているアート活動の「北九州芸術工業地帯」の一環で、岡崎さんが「街や人の営みに感じる錆」を撮りためた写真や、近代遺産や工場の風景を切り絵風にコラージュしたイラストで表現した。

 ZINEとは、アーティストやクリエーターが、ファッションや音楽、イラスト、写真などをテーマに自主制作する少数部数の冊子のことで、1980年代の米・西海岸のスケーターたちがストリートカルチャーを発信する目的で作り始めたといわれている。日本では、衰退する紙媒体に対する書籍文化の啓発や「同人誌」文化を背景に、コピー機やプリンターで少数発行する活動が広がっている。

 体裁はB5版20ページ。同劇場などで無料配布中。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

枝光の「末広食堂」(北九州市八幡東区宮田町4)が12月22日で閉店することがわかった。「デカ盛り」が話題で、近隣の高校生やサラリーマンに支持を得ていたが、店内の張り紙によると「このところ気力はあってもふたりとも体がついて行かなくなり、寄る年波に勝てず、本当に残念ですが年内で終わることとしこういう時期を迎えることといたしました。私たちがこの店を継いで50年、お客さまにここまでご愛顧いただき感謝の気持ちでいっぱいです。厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました。12月22日まではよろしくお願いいたします」(原文ママ)とある。
[拡大写真]

アクセスランキング