学ぶ・知る

小倉で「コワーキングカンファレンス」 佐々木俊尚さんら基調講演も

基調講演をするフリージャーナリスト・佐々木俊尚さん

基調講演をするフリージャーナリスト・佐々木俊尚さん

  •  

 「コワーキングカンファレンスinジャパン」が12月14日・15日、北九州国際会議場(北九州市小倉北区浅野3)で開催される。

「小倉高校」卒業生で、現在は「ニューズピックス」最高コンテンツ責任者の佐々木紀彦さん

 コワーキングスペースの代表者や利用者を集め、「新しい生き方、新しい働き方を共有し、つながる」(プレスリリース原文ママ)ことを目的としたイベントで、京町のコワーキングスペース「秘密基地」代表の岡秀樹さんが実行委員長を務める。

[広告]

 来年1月に5周年を迎える同スペースの岡さんが、「(開業後5年間に)働き方改革という言葉が一般化したことなど、人々の仕事への目の向け方が変わった。そこでコワーキングスペースができることが注目されている」とし、この数年で急増したコワーキングスペース同士の連携や地域課題の共有などを模索する。

 福岡市では、旧大名小学校を改修した「グロウスネクスト」が官主導でありながら多くの起業家を輩出しているほか、同業態の世界的な大手「WeWork(ウィーワーク)」も進出するなど話題に事欠かない。岡さんは「官主導や大手ができない、地域の価値を見つめる民間だからこそできるコワーキングの在り方がある」と言い、イベントには国内各地で地域密着をテーマに活動するコワーキングスペースの代表らを多く呼び寄せる。

 イベントは、フリージャーナリストで他拠点生活をする佐々木俊尚さんや、小倉出身でニュースサイト「NewsPicks(ニューズピックス)」最高コンテンツ責任者の佐々木紀彦さんらが基調講演をするほか、「リンクトイン」「ロリポップ」「サンサン」などのIT企業がプレゼンテーションするメインステージ。各コワーキングスペースの代表らが「地方創生」や「移住」「ノマドワーク」などについて語り合う「アンカンファレンス」などを展開する。

 小倉経済新聞が加盟する「みんなの経済新聞ネットワーク」も協力し、15日13時から「みん経編集長'sによる、地域とメディアの関わり方(みん経の立ち上げとその後)」をテーマにトークセッションを行う予定。

 開催時間は、14日=10時~19時、15日=10時~18時。基調講演入場は無料。