北九州・シャボン玉石けんが新商品「シアバター洗顔」 無添加にこだわり

「従来の製品にない高級感を出した」パッケージ

「従来の製品にない高級感を出した」パッケージ

  •  

 「シャボン玉石けん」(北九州市若松区南二島、TEL 0120-480-095)は8月から、シアバターを含有した洗顔用せっけん「シアバター洗顔」を販売している。

 ナイジェリアやマリ、ブルキナファソ、ガーナなどアフリカ諸国を主な原産地とするシアバターは、「シアの木」の種子から採取される植物性油脂で、保湿に優れた成分が特徴。欧米の化粧品ブランドを中心に女性の利用が進んでいる。同社では「香料や着色料、酸化防止剤、合成界面活性剤などの添加物を一切使用しない」という独自の方法で製造する。

[広告]

 無添加や無香料をうたい、敏感肌やアレルギーを持つ消費者に向けた商品を多く発信してきた同社が取り組む高級路線の商品で「同梱(どうこん)の泡たてネットを使用することで、弾力のある豊かな泡を作ることができ、しっとりとした洗い上がりを実感できる」(広報担当者)という。

 同社は今年創業105周年を迎え、「シャボン玉アンバサダー」プログラムや各地のイベントなど、消費者と直接つながり声を収集する事業などを多く展開している。

 価格は734円(60グラム)。全国のドラッグストア、スーパー、直営店などで販売する。