暮らす・働く

北九州市で「ワーク・ライフ・バランス割」 飲食店など30店で特典

11月1日行われた表彰式にはタレントのつるの剛士さんも登壇し講演した

11月1日行われた表彰式にはタレントのつるの剛士さんも登壇し講演した

  •  
  •  

 北九州市は11月の1カ月間を「ワーク・ライフ・バランス推進月間」と定め、市民への「多様な働き方、暮らし方を認め合う社会の実現」の啓蒙を進めている。

 「ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)とは、多様な働き方・暮らし方を認め合うことで、やりがいや充実感を感じながら働き、限られた時間の中で『仕事』上の責任を果たしながら、仕事以外の時間で子育て・介護、地域活動、自己啓発など充実した『生活』の実現に取り組むためのキーワード」(市ホームページ原文ママ)といい、少子高齢化が進む社会において、生きがいのある社会づくりが課題となっている。

[広告]

 市では、趣旨にのっとった活動をする企業や個人を表彰する「ワーク・ライフ・バランス表彰」を設けたり、市内の飲食店などと協力して割引特典を受けられる「ワーク・ライフ・バランス割」のカードを発行したりし、市民へのPRを進めている。

 対象店では、カードやフェイスブックページの提示で「干物1割引」(じじや、北九州市小倉北区砂津3)、「プリン1個プレゼント」(ベツバラ、魚町2)、「セットメニュー100円引き」(辻利茶舗、魚町1・3)、「ドリンクサービス」(カフェ・カウサ、浅野2)などの割引特典を受けられる。対象店はホームページで確認できる。

 11月30日まで。

  • はてなブックマークに追加