食べる

小倉のカフェ「カウサ」で現役大学生が週末限定カフェ チャレンジ起業で

北九州市立大学地域創生学群の現役学生、片山莉菜さん

北九州市立大学地域創生学群の現役学生、片山莉菜さん

  •  
  •  

 小倉駅新幹線口の「カフェ カウサ」(北九州市小倉北区浅野2)で5月14日から、現役大学生・片山莉菜さんによる週末限定カフェ「カタリナカフェ」が開かれている。

「野菜の水分だけで煮込んだ」という無水カレー(800円)

 片山さんは、北九州市立大学地域創生学群(小倉南区北方4)に通う3年生で、同学群では「現場のリアルな理解に基づく地域の再生と創造。そのための知識・理論・実践力を身に付ける」をテーマにした教育が行われている。3年生になると、自ら起業をするか一般企業への長期インターンかのどちらかを選択する「チャレンジコース」へと進み、片山さんは、1年前からアルバイトとして働く同店の空き時間を使ったカフェ起業を思いついた。

[広告]

 「当初は、応援してくれる人に来ていただけるが、それらが一段落したころが本当の勝負。飲食店としての本来の魅力を探しながら情報発信していきたい」(片山さん)と意気込む。毎月13万円~15万円程度の売り上げを見込む。

 主なメニューは、「野菜の水分だけで煮込んだ」という「無水カレー」、月替わりで内容を変える「スパゲティ」(以上800円)、「ガトーショコラ」(400円)、「フレンチトースト」(500円)など。ドリンクは、オレンジジュース、アップルジュース、ジンジャーエール、コーヒー(以上300円)など。

 営業時間は毎週金曜・土曜・日曜の11時~17時。「年内いっぱい行う予定」という。

  • はてなブックマークに追加