天気予報

24

21

みん経トピックス

漫画モーニングに小倉居酒屋小倉に辛いラーメン専門店

小倉で全日本スポーツ皿回し大会 5歳~83歳45人、皿回し技術競う

小倉で全日本スポーツ皿回し大会 5歳~83歳45人、皿回し技術競う

回す時間を競う「耐久」種目。右手前が優勝した城戸裕司さん

写真を拡大 地図を拡大

 「北九州パレス」(北九州市小倉北区井堀1)で9月10日、「全国スポーツ皿回し大会」が行われた。

【関連画像】ジャグリングのように皿を回す技も披露された

 北九州を拠点に活動する大道芸人の播本洋平さんが、「若いパフォーマーが(皿回しの)新しい技を編み出したり、子どもたちと行うワークショップで関心が高まってきたり」したことで、けん玉のような市民権を得られるのではと考え、昨年から始まった同大会。

 競技は、皿回しの難易度に応じて10級~10段のレベルを認定する「段位認定部門」、回す時間や数などをそれぞれ団体戦や個人戦で競う「競技部門」、皿回し技術のオリジナリティーやエンターテインメント性を競う「パフォーマンス部門」の3部門に分かれ、45人が参加した。

 皿回し耐久時間を競う「耐久競技」では、昨年の記録(約7分)を大幅に上回る25分40秒で木戸裕司(中間市)さんが優勝し、皿を同時に回す枚数を競う「ナンバーズ」では中谷利夫さん(広島県)が8枚で優勝した。 

 パフォーマンス部門では、スティックを顎に乗せて時間の長さを競う「チンバランス」、回した皿を投げ上げ滞空時間を競う「マキシマムタイムロフト」などの妙技が披露され、会場を沸かせた。

 大会を終え、播本さんは「子どもならではの集中力を発揮し、メキメキ上達している5歳から、脳梗塞を患いリハビリとして始めた83歳まで老若男女が出場した。遠くは山形県からの参加もあった」と話す。

 「これがスポーツかというと微妙だが、誰もが取り組みやすいレクリエーションの一つとして楽しんでもらえれば。今後は地方大会が開催されるような存在に育てていきたい」と意気込む。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

イタリアエスプレッソ協会の認定を九州地区で初めて受けた「カフェ・オスピターレ」の森崎祐希さん。「南イタリアの濃厚な味わいと、北イタリアの華やかな香りのエスプレッソの違いを楽しんでほしい」という。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング