見る・遊ぶ

新門司港~大阪南港結ぶ「名門大洋フェリー」に新造船就航

フェリーきょうと

フェリーきょうと

  • 44

  •  

 北九州・新門司港と大阪南港を結ぶ「名門大洋フェリー」(大阪市西区)が12月16日、新造船「フェリーきょうと」を就航させた。

障子と畳敷きエリアを備えた「和洋室スイート」

[広告]

 2002年(平成14)年から運航していた「フェリーきょうと2」の後継船で、全長は195メートル、総トン数は1万5025トン、旅客定員は675人。同社によると、保有のフェリーでは過去最大級という。通販商品などの物流増、トラックドライバー不足を見据えた。同社広報担当者は「トラックの積載車両数は、先代の約50%増しで162台」と説明する。

 船の推進にはハイブリッド方式を採用。エンジンによる主プロペラと電動の旋回用プロペラを備える。船底10カ所から空気を吹き出して水流の抵抗を低減する空気循環システムも備え、燃料消費の抑制やCO2排出削減にも配慮した。

 船室は窓に障子を備えた畳敷きの和室「スイート和洋室」を用意するほか、共用設備には「キッズルーム」や女性専用の化粧室「パウダールーム・授乳室」など先代にはなかった設備を加えた。

 東航する便名(新門司港発時刻、大阪南港着時刻)ごとの運航ダイヤは、1便(17時、翌5時30分)、2便(19時50分、翌8時30分)。旅客運賃は、ツーリスト=7,010円、エコノミー=7,910円など。自動車航送運賃は、3メートル以上4メートル未満=1万9,270円、4メートル以上5メートル未満=2万3,670円など。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース