見る・遊ぶ

小倉在住のジャズピアニスト・上野香織さん、北九州芸術劇場でコンサート

「スイングしなければジャズじゃない。コンサートはお客さまが自然と体を揺さぶるような楽しいものする」と上野香織さん。

「スイングしなければジャズじゃない。コンサートはお客さまが自然と体を揺さぶるような楽しいものする」と上野香織さん。

  • 0

  •  

 ジャズピアニストの上野香織さんが、5月30日に開く「ジャズコンサート2012」のPRで小倉経済新聞編集部を訪れた。

 昨年1回目を、ベーシスト・井島正雄さん、ドラマー・ヤス岡山さんを迎えて行い、今年はさらに、トランペットの岡崎好朗さんを加えて開く同コンサート。「このメンバーのライブは、北九州以外では聴くことができない」という。

[広告]

 母親がクラシックピアノ教師だった環境から、「いずれ職業として音楽の道を」と考えていた上野さんは高校卒業後、市内の著名なピアニストに師事し、「そこで初めてジャズと出会った」という。「いきなり、オスカー・ピーターソンの譜面を渡されて、『弾けるようになりなさい』と言われ、一生懸命練習した」と振り返る。「クラシックと違いジャズは職としての音楽の領域が広い。ジャズと出会って世界観が変わった」とも。

 その後、アルバイトやクラブでのジャズピアノ演奏で生計を立てながらプロを目指した上野さん。「大御所の井島さんや岡山さんと出会ったことで、ジャズの包容力やスイングすることの楽しさを知った」という。「スイングしなければジャズじゃない。コンサートはお客さまが自然と体を揺さぶるような楽しいものする」とも。

 今後の活動は「北九州に軸足を置きながら世界に飛び出していきたいし、世界から北九州にミュージシャンを呼べるような土壌を作りたい。北九州の日常にもっと音楽があふれるように、ファンの裾野を広げていきたい」と抱負を話す。

 当日は18時30分開場、19時開演。チケット料金は4,000円(当日4,500円)。小倉井筒屋プレイガイド、ヤマハ小倉店、北九州芸術劇場で販売する。