天気予報

33

25

みん経トピックス

小倉でまちづくり団体交流会小倉でタブレット合コン

小倉の起業家カフェ「カウサ」が3周年-魚町リノベ事業などの起点に

  • 0
小倉の起業家カフェ「カウサ」が3周年-魚町リノベ事業などの起点に

「起業や交流を起点にして、より社会的な事業にも踏み出すことができた」と遠矢さん

写真を拡大 地図を拡大

 JR小倉駅新幹線口近くの起業家カフェ「カウサ」(北九州市小倉北区浅野2、TEL 093-521-6969)が2月22日、オープン3周年を迎えた。

 同店は、それまで公的機関で起業家を支援するインキュベーションマネジャーだった遠矢弘毅(とおやひろき)さんが、「起業家たちが集まって情報交換する場が欲しい」という声を受け開業した。

 「ここで、さまざまな職業やライフスタイルの人が出会って、新しい事業計画やイベント企画など、たくさんの『モノ』や『コト』が生まれている。その瞬間に立ち会っていることに喜びを感じる」と話す遠矢さん。この1年は、津波によって工場が被災した「木の家石巻水産」(宮城県石巻市)を支援する「きぼうのかんづめ展」や、魚町を中心とした遊休不動産を利活用するリノベーションにも深く関わった。「起業や交流を起点にして、より社会的な事業にも踏み出すことができた」と振り返る。

 同日は、3にちなんだ「3トリー角」「3まかば焼き」「3バーグ」「3らータン麺」「3ドイッチ」「3グリア」などの「だじゃれメニュー」(全て300円)を提供した。来店客からは「だじゃれがあまり面白くなくて、メニューが分かりづらい(笑)」との声も聞かれた。

 営業時間は12時~15時、17時~23時。火曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

小倉「旦過市場」(北九州市小倉北区魚町4)一角の旧「よしなが青果」店舗が、今春、店主の高齢による引退で閉店し、現在空きテナントとして貸し出されている。不動産情報サイトによると賃料は5万4,000円(約12坪)。築年は1956(昭和31)年で、60年以上経過した建物で旦過市場内でも最も古いエリアに立地する。 近隣の食堂店主によると「再開発の計画もあり、建物は手付かずのままだが、(旦過市場の)雰囲気を壊さずに面白い店に入ってほしい」と話す。
[拡大写真]

アクセスランキング