戸畑のカフェ「cotoha」、OLから転身して2年-「PR不足感じながらもマイペース」で

「PR不足は感じるが不器用で」と江口さん

「PR不足は感じるが不器用で」と江口さん

  •  
  •  

 戸畑のカフェ「cotoha(ことは)」(北九州市戸畑区旭町、TEL 093-883-6556)が3月、開業して2年が過ぎた。オープン日は「震災直後」の2011年3月21日。

「シフォンケーキセット」(500円)

 店舗面積は約10坪、席数は約14席。店主の江口温子さんは、約10年OLとして勤務した間に「カフェの起業」を思い立ち、野菜ソムリエの資格取得や飲食店などの修業を経て、「意外とお茶できる場所が少なく、住まいも近い」同所で開業した。店名は「人と人をつなぐ『言葉』のような存在でありたい」という意味から付けたという。

[広告]

 「開業時は日本中が暗い雰囲気でどうなるかと思ったが、周囲の力添えもあってどうにか成り立っている」と話す。2年が過ぎ、「まだまだ経営は厳しい。フェイスブックやツイッターで情報発信すればいいと思うが苦手で」とシャイな一面ものぞかせる江口さん。「通りかかる人から、『ここは雑貨屋さん?』と声を掛けられるほどPRが足りていないが、一方、静かに時間を過ごす固定客もついた。そうしたお客さまも大切にしながらマイペースで続けていきたい」と話す。

 主なメニューは、「雑穀米とアーモンドチーズのおにぎりプレート」(サラダ・おかず付き)、「カレー」「キッシュプレート」(以上800円)、「カフェラテ」「カプチーノ」(以上500円)、「シフォンケーキ」(300円)、「チョコレートケーキ」(400円)など。「今後拡充していきたい」と話すテークアウトメニューは「シフォンケーキ」(150円)、「チョコレートケーキ」(250円)、豚ひき肉と香味野菜などをあえた「肉味噌(みそ)」(300円)、「甘酢のピクルス」(150円)など。

 営業時間は11時~17時(火曜・水曜・木曜は19時まで)。日曜定休。

  • はてなブックマークに追加