3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

小倉・米町の焼き鳥店「はちまる」、個数制限なしの「空揚げ定食」話題に

空揚げの個数を注文時に申告できる「空揚げ定食」(580円)、写真は10個オーダーしたもの。

空揚げの個数を注文時に申告できる「空揚げ定食」(580円)、写真は10個オーダーしたもの。

  • 0

  •  

 小倉・米町の居酒屋「悶(もん)絶焼鳥酒家 はちまる」(北九州市小倉北区米町1、TEL 093-521-3188)が1カ月前から始めたランチ営業が話題を集めている。

雑居ビル1階奥の「わかりにくい立地」の同店。

 店舗面積は約30坪、席数は35席。2011年10月に開業した同店は3月からランチ営業を始めた。「周辺はオフィスが多く、サラリーマンや歓送迎会の需要などで順調」(副店長の岩田さん)だが、ランチ営業を通して「幅広い客層にアピールすることで、夜の集客を強化する」狙いがある。

[広告]

 特に、空揚げの個数を自由にオーダーできる「空揚げ定食」(580円)が人気で、「中には15個や20個をオーダーする大食いのお客さまもいる」という。夜の営業時も「空揚げ食べ放題」(月曜~木曜、80円)を提供している。「はっきり言って原価割れ。店のPRになれば」と岩田さん。

 小倉駅近くで人通りは多いが、雑居ビル1階奥で目立ちにくい立地にある同店。ランチ営業の告知は店頭に掲げた立て看板だけだが、「予約が入るほど人気」という。「たまたま通りかかって、見かけた看板につられて入ってきた」というウェブデザイナーの小佐々さんは「とても破壊力のあるメニュー。周囲につられて10個をオーダーしたが、やっとの思いで食べ終えた」と満足気な感想を漏らした。

 そのほかのランチメニューは「日替わり定食」「焼きうどん定食」「チキン南蛮定食」(以上680円)、「極盛海鮮丼」(880円)など。夜は「かしわ」「はつ」「きも」「せせり」「ぼんじり」「砂肝」(80円~)などの焼き鳥、「悶絶地鶏炭火焼」(480円)、「プレミアムモルツ生ビール」(380円)などを提供する。

 営業時間は11時30分~14時、17時~翌1時(金曜・土曜・祝前日は翌3時まで)。

Stay at Home