暮らす・働く

商店街がゾンビだらけ-小倉の「ハロウィーン」に2000人

「リバーウォーク特別賞」を受賞した岩佐陽子さん、高橋美弥さんのコンビ。「ゾンビメークの完成度の高さ」が評価された

「リバーウォーク特別賞」を受賞した岩佐陽子さん、高橋美弥さんのコンビ。「ゾンビメークの完成度の高さ」が評価された

  • 0

  •  

 小倉駅前を中心とする商店街一帯で10月19日、「こくらハロウィーン」が開催され仮装した家族やグループなど約2000人が参加し、商店街関係者や学生らで組織した実行委員会は、見物した来街者数を約2万人と発表した。

セクシー系の衣装も目立った

 小倉駅前から「魚町銀天街」を経由して「リバーウォーク北九州」(室町1)まで、約1000人の仮装した参加者がパレードしたほか、子どもたちが商店街各店を巡ってお菓子をもらう「トリック・オア・トリート」などが行われた。

[広告]

 参加者の過半数がゾンビのメークを施していたのが今年の特徴で、「間近で見てもぞっとするような怖いメークばかり。特に今年はゾンビだらけ」と商店街関係者。ほかにハリウッド俳優、アニメキャラクターなどのコスプレを楽しんでいた。

 表彰式が行われた「リバーウォーク北九州」では、北橋健治北九州市長を交えた「フラッシュモブ」も行われた。

 実行委員長で西日本工業大学助教の梶谷克彦さんは「2回目の開催にもかかわらず、イベントの知名度が上がり参加者も急増した。メークや衣装のクオリティーも上がって、イベント自体が盛り上がった。実行員会を組織した学生らの成長も感じた」と締めくくった。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース