天気予報

20

15

みん経トピックス

小倉で「虎ノ門」ラジオ収録小倉で「相棒Ⅳ」ロケ

北九州市の「本気過ぎるコスプレ」観光課職員、PR活動開始

  • 0
北九州市の「本気過ぎるコスプレ」観光課職員、PR活動開始

観光課の井上純子さん(左)とキャラクターをデザインした「しいたけ」さん

写真を拡大 地図を拡大

 北九州市観光課は7月21日、課内の職員の1人を「本気過ぎるコスプレ職員」として任命し、イベントなどでのPR活動を始めた。

井上さんがグランプリ獲得した「こくらハロウィーン2015」

 本気過ぎる職員は同課に配属されて2年目の井上純子さんで、「以前からコスプレが趣味」といい、毎年10月開催される「小倉ハロウィーン」にも3年連続の出場。昨年、念願の「グランプリ」を獲得した。市では、小倉駅北口の「あるあるCity」や「北九州市漫画ミュージアム」など、サブカルチャー拠点が多く存在することや、今年3回目を予定する「北九州ポップカルチャーフェス」開催などを踏まえ、サブカル層の誘客に力を入れている。

 この日、門司港に新しく開設された「門司港バナナ資料室」(門司区西海岸)の開館記念イベントに「バナナ姫ルナ」の衣装で現れた井上さん。「観光課の職員として、各地で(北九州市を)PRしてきたが、どこの地域も着ている法被姿では差別化できない。市職員が自らコスプレすることで新しい発信の仕方をしていきたい」と意気込みを見せる。

 衣装をデザインしたのは、地元でイラストレーターとして活動する「しいたけ」さんで、「頭の髪飾りやスカートの柄、ベルトにはバナナの断面をモチーフにするなど、各所にバナナのイメージを盛り込んだ」という。井上さんは「約3週間かけて、しいたけさんが起こしたデザインそのまま手作りした」という。

 今後、8月名古屋で開催される「世界コスプレサミット」や各地の観光展などでPR活動を続ける予定。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「鳥をイメージして、自作にこだわった衣装」の4人組
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング