暮らす・働く

小倉で「メディアを動かすプレスリリース書き方」セミナー 成功事例紹介も

会場となる「タンガテーブル」

会場となる「タンガテーブル」

  • 107

  •  

 小倉のカフェ「タンガテーブル」(北九州市小倉北区馬借1)で8月29日、「メディアを動かすプレスリリースの書き方」セミナーが行われる。主催は、まちづくり団体の「We Love小倉協議会」(事務局=魚町3、TEL 070-4721-5059)。

 同協議会が本年度提唱する「みんなで小倉の魅力発信事業」の一環で、PRSJ認定PRプランナーの後藤大典さんを講師に招き、「戦略的PRで話題を広げる」をテーマに話題のつくり方や自社PRの手法を学ぶ。対象は商店主・起業家・企業の広報担当者など。

[広告]

 プレスリリース配信サービス「PRでっせ」運営会社の「ラプレ」(大阪市中央区)取締役で、みんなの経済新聞ネットワーク「なんば経済新聞」編集長でもある後藤さんは、企業や店舗の広報コンサルティング、広報目線での企画立案、PRイベントなどを手掛け、関西ならではの個性的な情報発信をしている。セミナーでは、「お客さまの要望を受けて提案した企画、取り組み内容、結果どうだったかなどの具体的な成功事例を紹介する」と後藤さん。

 同協議会情報部会担当の斎藤大輔さんは「小倉には個性的な事業をする会社やお店が多数あるが、マスコミへの情報発信がうまくできていない。一方で、費用をかける『広告』に対して、費用よりも仕掛けが重要な『広報』に注目が集まっている。セミナーを通じてそれぞれの魅力に磨きをかけ、小倉全体の情報発信の底上げをしたい」と期待を寄せる。

 開催時間は18時~21時。冒頭約60分の講義の後は、参加者同士の交流会となる。参加費は3,000円(ワンドリンク、フード付き)。定員は40人。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース