食べる

小倉「井筒屋」でバレンタインフェア 「自分向け」ニーズ探る

「雪文」が提供する「生アイスXエスプレッソ」(500円)

「雪文」が提供する「生アイスXエスプレッソ」(500円)

  •  

 バレンタインフェアの「ショコラスペシャリテ」が1月26日、「井筒屋小倉店」(北九州市小倉北区船場町)で始まった。

【関連画像】「カフェ・オスピターレ」の「ビチェリン」(650円)

 8階の特設会場に約50ブランドを展開。「今年は14日が平日で、『義理チョコ』ニーズが高まるとともに、女性同士の『友チョコ』や自分への『ごほうびチョコ』、『スイーツ男子』向けとして喜ばれる商品を充実させた」(販売促進担当者)といい、同フェア初出品となる「ユーゴ・アンド・ヴィクトール」(フランス)や「ピエール・マルコリーニ」(ベルギー)など海外の有名ショコラティエを多くそろえた。

[広告]

 「(近年は)男性の一人客が、チョコレートを選んでいる姿も目立つ」といい、鹿児島の酒蔵とコラボしたものや、「ニッカウイスキー・竹鶴」を練り込んだチョコレートなど、男性向け商品も多く用意した。

 ほかに、「デルレイ」「エルマン・ヴァンデンダー」「ドゥバイヨル」「ピエール・ルドン」「ゴディバ」「ガレー」(以上ベルギー)、「ピエール・エルメ」「メゾン・ショーダン」「パティスリー サダハル・アオキ」(フランス)、「レダラッハ」(スイス)、「辻利」(京都)、「千紀園」(滋賀)などが出店している。

 市内の人気焼き菓子店「ファボリ」(小倉南区上曽根新町)や、欧風レストラン「リアン」(八幡西区熊手)、アイスクリーム専門店「雪文」(槻田)など、市内の人気店が出店する「北九州コーナー」も展開する。

 イートインコーナーでは「カフェ・オスピターレ」(福岡市博多区)が、チョコレートとエスプレッソ、クリームを3層に重ねたドリンク「ビチェリン」(650円)や、伊ナポリの郷土菓子「スフォリアテッラ」にイチゴ「あまおう」のクリームを詰めた「スペシャルストロベリースフォリアテッラ」(420円)などを提供(2月4日まで)する。

 営業時間は10時~19時(最終日は17時まで)。2月14日まで。