暮らす・働く

小倉の勝山公園で花壇の花盗難被害-「市民の善意がむしられる」

盗難被害にあった「うぇるっちゃ!花壇」

盗難被害にあった「うぇるっちゃ!花壇」

  •  
  •  

 北九州市役所そばの勝山公園(北九州市小倉北区城内4)の「うぇるっちゃ!花壇」で花の盗難被害が相次いでいる。

第21回「全国花のまちづくりコンクール」に入選した「うえるっちゃ!花壇」が盗難被害に

 同花壇は、市が「花好きの市民ボランティア」と共同で維持管理する「公共花壇」の一つで、勝山公園の北九州市役所側の164平方メートルの管理をNPO法人グリーンワークに委託し、市民ボランティアによって花壇のデザインや花の植え替えなどが行われている。その取り組みが評価され、9月9日、「全国花のまちづくりコンクール」(日本花の会主催)に入選した。

[広告]

 緑政課の大庭さんは「昨冬は植えたばかりの葉ボタンが盗まれた。今回は、ベゴニア、アキランサスやジニアプロフュージョンなど10株以上が盗まれた。金額は大したことないが、ボランティアの皆さんの善意がむしり取られたようで悲しい」と話す。

 「警察にも届け出て見回りを強化していただけると聞いたが、被害額や場所の面から対応は難しい。盗難防止の抜本的な打開策はないが、市民の善意にすがるしかない」と大庭さん。これまでは、盗まれた苗を再度植えつけてきたが、今後は盗難箇所に再発防止の看板を掲げる予定。

  • はてなブックマークに追加