食べる

パンケーキ専門店「カフェ・デルソル」、コロナ禍に門司港移転 復調の兆しも

「ふわふわパンケーキ」(チョコレート、880円)

「ふわふわパンケーキ」(チョコレート、880円)

  • 178

  •  

 カフェ「デルソル」(北九州市門司区港町)が、小倉・魚町から門司港に移転して半年を迎える。

港側のカウンターでテークアウトに応じる「カフェ・デルソル」

 2017(平成29)年、「ふわふわとした柔らかい焼き上がりのパンケーキ」(店主の綾部大輔さん)をメインメニューに魚町で開業した同店。今年3月、階下の系列店「和食ト酒 あお季」(小倉北区魚町1)の2階への拡張に伴い、外国人観光客も多くインバウンドブームに乗った門司港への移転を決めた。

[広告]

 移転時期が「コロナ禍」と重なったことで、たくさん訪れていた外国人観光客は姿を消し、日本人観光客もまばらな状態となった。「7月以降、お客さまも徐々に戻りつつあるが、北九州で(PCR検査が拡大され)陽性者が増えたことでまた自粛モードに陥った」と、店主の綾部大輔さんは肩を落とす。

 対策として、テークアウトに応じやすく、柔らかいパンケーキが特長のフルーツサンドイッチの提供を強化し、インスタグラムなどSNSでの情報発信にも注力した。犬の散歩途中にテラス席を利用する近隣住民など固定客が増えるなど、復調への兆しも見え始めた。綾部さんは「魚町の頃とは違う客層の広がりを感じ、手応えをつかみ始めている」と期待を寄せる。

 主なメニューは、「パンケーキサンドイッチ」(ミカン、パイナップル、キウイ、バナナチョコ各550円、テークアウトは450円)、「ふわふわパンケーキ」(抹茶、メープル、チョコレート各880円)、「門司港バナナジュース」(550円)、「王様の焼きカレー」「王様のデミグラスオムライス」(以上880円)、「カルボナーラオムライス」「デミグラスグリルチキンオムライス」(以上980円)など。

 営業時間は11時~17時。