食べる

握らないおにぎり専門店「コロンブスのたまご」 タピオカドリンクも

「うま辛プルコギコロさんど」

「うま辛プルコギコロさんど」

  • 53

  •  

 握らないおにぎりを専門に提供する店「コロンブスのたまご」が10月23日、「リバーウォーク北九州」(北九州市小倉北区室町1)にオープンした。

左から「エッグハムコロさんど」「エビフライコロさんど」「うま辛プルコギコロさんど」

 店舗面積は約28坪、席数は21席。クルーズ船客の送迎事業やタピオカドリンク専門店、太陽光発電設備を運営する「FBジャパン」(福岡市博多区)が経営する。

[広告]

 「インスタグラムを代表とするSNS向けての戦略として、片手で写真が撮れ、片手で食べることができるメニューとしてサンドイッチ形式のおにぎりを開発した」と店長の後藤さん。店内には客席を用意しているが「90%以上テークアウトになるだろう」と想定する。

 「サンドイッチ型おにぎりといえば、沖縄のスパム(ソーセージ)と卵焼きを具材とするものが有名だが、土地によってはその風味が強すぎると感じる人もいる。『ベビーハム』を使うことで、多くの人に受け入れてもらえる味になった」と言い、卵焼きとベビーハムをベースに、アボカドやプルコギ風焼き肉、アジフライ、エビフライなどをトッピングする。

 主なメニューは、「エッグハムコロさんど」(281円)、「カリーコロッケのコロさんど」(361円)、「アジフライコロさんど」「エビフライコロさんど」(以上450円)、「アボカドチキンのコロさんど」「うま辛プルコギコロさんど」(以上551円)など。「沖縄黒糖ミルクティー」や「果肉たっぷりいちごみるく」「黒ごまミルクスムージー」(以上450円)などのタピオカドリンクも用意する。

 営業時間は10時~20時(10月24日は11時~)。