門司の4輪バギーコース、「難所を増設して」リニューアルオープン

ヤマハ製のATV(4輪バギー)3台がそろう

ヤマハ製のATV(4輪バギー)3台がそろう

  •  
  •  

 新門司の4輪バギー用オフロードコース「新門司バギーランド」(北九州市門司区大字畑、TEL 080-3988-8325)が9月、コースを増設しリニューアルオープンした。

広大な敷地に難所をちりばめたコースがある。

 「東京ドーム約1個分」という広大な敷地に、「初心者コース」「外周コース」「林間コース」などのオフロードコースがあり、4輪バギーで走り回ることができる。「リニューアル前は初心者向けのやさしいコースだけだったが、もっと本格的に走りたいというお客さまのニーズを受けて、よりハードなコースを新設した」と同施設代表の田口さん。コース上にはコブや溝など4輪バギーでなければ走り抜けられない難所を設け、「20分も走るとへとへとになる」という。

[広告]

 田口さんは以前、国道3号線の幹線道路沿いで自動車修理販売業を営んできたが、利用客が固定化し「幹線道路で広く商売をするよりも、地価の安い所でよりよいサービスをできれば」と移転場所を探していたところ、現在の土地と出合った。「借りた土地がたまたま広大な土地で、ここでバギーを走らせたら楽しいだろうな」と考え、同施設を開業した。

 1年間営業して「4輪バギーは冬がオフシーズンとなることに気付き」、隣接した土地に「サバイバルゲーム・フィールド」も併設した。「サバゲーは楽しめる所が少ないので、1年間を通じて来客がある」と田口さん。

 料金は、初心者講習(10分)=500円、チャレンジコース(30分)=3,000円、サバイバルゲーム(1日)=2,000円。営業時間は10時~19時(サバイバルゲームは24時まで)。

  • はてなブックマークに追加