食べる

南小倉駅前のカフェ「ピーチェ」が1周年-味や価格「お年寄りに配慮」

藤本愛子さんが「店内で最も高価」という「いちごショートケーキ」(250円)と「チーズケーキ」(150円)。

藤本愛子さんが「店内で最も高価」という「いちごショートケーキ」(250円)と「チーズケーキ」(150円)。

  • 0

  •  

 JR南小倉駅前に昨年オープンしたカフェ「Pietzsche(ピーチェ)」(北九州市小倉北区木町3、TEL 093-561-1604)が1周年を迎えた。

緑色のファサード部分と赤いサッシが目を引く「カフェ ピーチェ」。

 店舗面積は約9坪。席数は10席。「お年寄りが多いので、派手さを強調せずにベーシックなものを中心に作っている。食べやすいようにサイズも小ぶりにして、甘さも控えめにしている」と店主の藤本愛子さん。「テークアウトとカフェ利用は約半々」という。

[広告]

 藤本さんは製菓専門学校を卒業後スイーツショップで数年間働いた。ケーキ職人としての経験はなかったが、「両親が所有するビルにケーキ店の居抜き状態で空きテナントが出たので、母親に背中を押されて開業した」という。「この場所で生まれ育ち、子供のころから知っている近所の方が常連となって来てくれている」と話す。

 「昔ながらのお客さまが多いので、昔ながらの価格で提供している。最も高いものでも250円程度」という主なメニューは、「コーヒー」「バナナジュース」(以上200円)、「エスプレッソ」(100円)、「カフェラテ」(230円)、「白玉クリームあんみつ」「いちごショートケーキ」(以上250円)、「いちごムース」(200円)、「チョコレートケーキ」「チーズケーキ」(以上150円)など。

 営業時間は11時~18時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース