食べる

小倉のカレー店が「新総裁就任記念カツカレー」-ただし、料金は「10分の1」

11時30分~12時の時間限定で提供する「新総裁就任記念カツカレー」(350円)。

11時30分~12時の時間限定で提供する「新総裁就任記念カツカレー」(350円)。

  • 0

  •  

 小倉・旦過市場内のカレー店「旦過カレーセンター」(北九州市小倉北区魚町4)が10月2日から、「新総裁就任記念カツカレー」の提供を始めた。

通常メニューの「カツカレーダブル大盛り」(700円)。

 自民党総裁選で安倍晋三総裁が食べた「3,500円のカツカレー」が、「庶民感覚とずれている」などと大手メディアで報道されたことを受け、ネットでは「むしろ3,500円のカレー、食べてみたい」や「そのくらいいいのでは?」といったさまざまな反応が飛び交った。安倍総裁自身もフェイスブックで「カツカレーが3,500円になった理由」を明かし、「謙虚に受け止めつつも、出陣式の日のカツカレーまで批判されると戸惑いを覚えます」とコメントした。

[広告]

 同店では主力の「カツカレー」を通常500円で提供しているが、「3,500円カツカレー」のニュース以降、来店客からは「安すぎる。もう少し金額を上げてもいいのでは?」と心配する声もあったという。店主の池田和弘さんは「庶民の台所・旦過市場にあるカレー店として、庶民の味を庶民の料金で提供したい」と、これを逆手に取り、3,500円の「10分の1」の350円までさらに料金を下げ、同商品を企画。ただし、「提供時間は11時30分~12時、6食限定」という。

 安倍新総裁に関しては「普段政治にはあまり興味はないが、今回の件でカツカレーの話題を作ってくれたことには感謝したい。お隣の下関市が地元ということで、地元の感覚で応援はしたい」と池田さん。「今月から、季節の野菜やワインの風味を加えてカレールーをリニューアルした。新しい味も楽しんでほしい」とも。

 営業時間は11時~15時。日曜定休。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース