暮らす・働く

「北九州工場群夜景観賞バスツアー」第2弾開催へ-パノラマ夜景追加

前回のツアーで撮影された写真、夕暮れ間もない二島埠頭

前回のツアーで撮影された写真、夕暮れ間もない二島埠頭

  •  
  •  

 JTB九州北九州支店(北九州市小倉北区魚町1)は5月~7月にかけて「北九州工場群夜景観賞バスツアー」を行う。

 24時間稼働するコンビナートやプラントの明かりや煙突から排出される煙に魅了される「工場萌え」が各地で話題となり、市主催のバスツアーが昨年開催された。この2月にはJTB九州支社北九州支店主催で実施され、即完売となったバスツアーの第2弾となるもの。

[広告]

 北九州市の「工場夜景観光」に関する取り組みは、2009年12月議会の北九州市議の提案で始まった。提案者の一人、市議会議員の奥村直樹さんは「これまでは誰も見向きもしなかった工場の景観という新しい北九州の魅力を、市民の皆さんだけでなく全国の皆さんにも知ってほしい」と話す。

 今回の見どころは、皿倉山の山頂展望台(標高622メートル)から眺めるパノラマ夜景が追加された点。皿倉山は、海岸線に横たわる工場群を見渡す絶好のビューポイントで、八幡市街、洞海湾一帯はじめ、遠くは関門橋まで北九州市街全体が見渡せ、きらめく夜景が堪能できる。

 「北九州の夜景は工場群が市街地に隣接していたり、背後に山があったりと、ほかでは見ることのできない北九州ならではのもの。迫力ある工場夜景を堪能してほしい」と、北九州市観光・コンベンション課の大八木さん。前回のツアーでは参加者の約6割が女性だった。中には、他県から工場夜景を巡ってきたマニアの姿もあったという。

 ツアー催行日は5月27日、6月3日・10日・16日・24日・30日、7月6日。代金は、大人(中学生以上)=4,600円、小人=3,800円。問い合わせはJTB九州当該ツアー受付代行専用ダイヤル(TEL 092-751-2102)まで。

  • はてなブックマークに追加