見る・遊ぶ 買う

小倉・魚町に1.5坪雑貨店「シー・アンド・ミルズ」-大学4年生が起業

  •  

 小倉・魚町の複合商業施設「ビッコロ三番街」(北九州市小倉北区魚町3)に6月15日、雑貨のセレクトショップ「C & MILLS(シー・アンド・ミルズ)がオープンした。

 店舗面積は1.5坪。店主の中山千明さんは北九州市立大学に通う大学生で、勲章をモチーフにしたブローチ「ロゼット」や、偉人の似顔絵を描いた「プラ板バッジ」、ピアスやネックレス、トートバッグ、クッションなど自ら手作りした商品のほか、マグカップなどの食器を並べる。

[広告]

 中山さんは昨年1年間休学し、英オックスフォード留学中に「現地のカフェを取材してブログにつづった」ことがきっかけで起業や経営に、クリエーターらとの交流を通じて雑貨やアートに興味を持ち始めた。同級生が就職活動を行う中、今年3月に開催された「リノベーションスクール」に参加し、同施設の可能性や他の受講生らの後押しで起業を決めたという。

 主な商品は、ちりめん素材を使った「ロゼット」(1200円~)、自ら描いたイラストで作る「プラ板バッジ」(600円~)、「タッセルネックレス」(2,500円)、ピアス(1,200円)、トートバッグ(3,990円)など。

 中山さんは「高校生の頃からやりたいことをノートに書き記している」と話す。ノートに書いてあった「自分のブランドや店を持つ」が実現していくことの楽しさを実感しているという。今夏、ロンドンやオックスフォードを再訪し、現地の手作り雑貨やアクセサリーを仕入れてくる予定とも。

 営業時間は「授業との兼ね合いから不規則」といい、ホームページで確認できる。