天気予報

13

6

みん経トピックス

「小倉城まるしぇ」開催へゼンリン文具市場進出

「40年ぶりの寒波襲来」小倉都心部も銀世界 人影まばら

「40年ぶりの寒波襲来」小倉都心部も銀世界 人影まばら

「ホワイトアウト」した小倉城

写真を拡大 地図を拡大

 近年にない寒波が北部九州を襲い、昨日に引き続き25日10時ごろから強く降り始めた雪で小倉都心部は雪に覆われている。

魚町の商店街内も通行客が少ない

 先週末から「40年ぶりの寒波襲来」などと報道されたことで、昨日、日曜にもかかわらず繁華街は人影がまばらだった。予報では今日も最高気温3度、最低気温マイナス2度と引き続き寒さが厳しい。

 道路はチェーンを施した路線バスは多く行き交うが、自家用車は比較的少なく、幹線道路から一歩脇道に入ると凍結した路面状況となっており、歩行者も滑る足元に気を取られながらゆっくり歩を進めている。

 「井筒屋小倉店」(北九州市小倉北区船場町)や「コレット」(京町3)玄関前では、来店客のスリップ防止のため従業員らが雪かきに余念がない。24日は15時過ぎに両店とも閉店したが「今日(25日)は今のところ、平常営業する予定」(従業員)という。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

枝光の「末広食堂」(北九州市八幡東区宮田町4)が12月22日で閉店することがわかった。「デカ盛り」が話題で、近隣の高校生やサラリーマンに支持を得ていたが、店内の張り紙によると「このところ気力はあってもふたりとも体がついて行かなくなり、寄る年波に勝てず、本当に残念ですが年内で終わることとしこういう時期を迎えることといたしました。私たちがこの店を継いで50年、お客さまにここまでご愛顧いただき感謝の気持ちでいっぱいです。厚くお礼を申し上げます。ありがとうございました。12月22日まではよろしくお願いいたします」(原文ママ)とある。
[拡大写真]

アクセスランキング