見る・遊ぶ

北九州で虹をかけるアート活動 西日本工業大学学生らが「地域資源」素材に

マイケル・グレイブスさんデザインの西日本工業大学デザイン学部棟とジョン・ジャーディさんによるリバーウォーク北九州を背景にした虹

マイケル・グレイブスさんデザインの西日本工業大学デザイン学部棟とジョン・ジャーディさんによるリバーウォーク北九州を背景にした虹

  •  
  •  

 西日本工業大学「地域連携センター」(北九州市小倉北区大門1)で6月29日、建造物や史跡に虹をかける「虹の橋プロジェクト」のデモンストレーションが行われた。

 学生ら約30人と梶谷克彦助教によって進められているアート活動で、市内の歴史建造物などを背景に、散水機でまく水のスクリーンに疑似的な虹を映しだす。「虹を組み合わせた写真や動画を各所にアップロードすることで、市民に知られていない市域資源の再発見につながる」(梶谷さん)といい、これまで紫川や明治期の赤レンガ建築などを素材にインスタレーションを行いフェイスブックなどに投稿してきた。

[広告]

 「太陽の角度」「光の強さ」など綿密に計算したデータを元に虹の再現を行うが、「おおよその目安として、自分の影が身長より長く伸びること。影の輪郭がシャープに見えるときに虹が見えやすい」という。

 「数日前に、米国での連邦裁高裁判決で同性婚が認められたことで、虹(レインボー)のニーズが高まる。プロジェクトを本格的に始動し、連続して市内の資源を発表していく」と専用サイトを立ち上げた。学生らは「『北九州』を検索した時にこのプロジェクトの写真が多く現れるよう、登録件数を増やして『虹のまち、北九州』のイメージを作っていきたい」と抱負を話す。

  • はてなブックマークに追加