見る・遊ぶ 暮らす・働く

小倉で映画「MOZU」先行試写会 西島秀俊さん、「北九州への思い」語る

井筒屋クロスロードでファンとの交流を楽しんだ西島さん

井筒屋クロスロードでファンとの交流を楽しんだ西島さん

  • 0

  •  

 「T・ジョイ リバーウォーク北九州」(北九州市小倉北区室町1)で10月15日、映画「劇場版MOZU」の先行試写会が行われた。会場では、羽住英一郎監督と主演の西島秀俊さんが舞台あいさつをした。

シーズン1のシーン、「井筒屋クロスロード」で佇む西島秀俊さん

 今作も小倉を舞台にしたシーンが登場する同映画は、累計200万部以上を売り上げた逢坂剛さんの同名小説を映画化したもの。「壮絶な爆破シーンや革新的な展開に映画化は難しいと言われてきたが、ロケ地としてそれに答えてくれたのが北九州市」(羽住監督)といい、テレビシリーズでは小倉の中心市街地が多く登場した。

[広告]

 この日は会場に約300人の観衆が集まった。西島さんは「500人の市民がパニックとなる空港のシーンや、『銀座井筒屋』の爆破シーンなどが特に印象が強く、『MOZU』は北九州の方々と一緒に作ったと言える。感謝の意味を込めて、全国に先立ち北九州市で、まず市民の皆さんに映画を楽しんでほしい」とあいさつした。

 羽住監督が「『MOZU』の聖地」と位置づける北九州市では現在、市民や商店主を巻き込んだイベント「MOZU市プロジェクト」を展開している。

 映画のウェブサイトでMOZU市の市民登録をすると発行される「住民票」を、北九州市内のカフェやレストランなどで提示すると「ドリンク一杯無料」などの割引サービスを得られる「MOZU市民割」も(11月30日まで)展開する。

 参加店舗は「辻利茶舗」「クッチーナ・ディ・トリヨン」(以上魚町3)、「拓味亭」(熊本1)、「カフェカウサ」(浅野2)、「タンガテーブル」(馬借1)、「バー・ズッカ」「麺屋慎之輔」(以上堺町1)、「スナックうまい棒」(紺屋町)、「山笠うどん」(中井1)、「ソフトクリーム・モンテ」(戸畑区千防3)、「ダイニングバー・ブルーオーシャン」(八幡東区西本町3)の11店舗。

 映画は11月7日から全国ロードショーの予定。