見る・遊ぶ

小倉・昭和館で「北九州市民映画祭」 ゲストに戸畑出身・タナダユキ監督

戸畑区出身のタナダユキ監督

戸畑区出身のタナダユキ監督

  • 0

  •  

 小倉昭和館(北九州市小倉北区魚町4)で11月6日・7日、「北九州市民映画祭」が開かれる。

 戸畑区出身の映画監督・タナダユキさんにスポットを当て、タナダさんの作品「タカダワタル的」や「俺たちに明日はないッス」などに加え、タナダさんが選ぶ「盲獣」「江分利満氏の優雅な生活」といった往年の名作など全6本を上演する。上映の合間には、タナダさんによるトークショーや、タナダさんを起用したプロデューサー・佐藤現さんとのシンポジウム開催も予定する。

[広告]

 タナダさんは今年、「英国映画協会」が選ぶ「21世紀の称賛に値する日本映画10本」の中に「月とチェリー」が選ばれ、深作欣二さんや押井守さん、三池崇史さんら巨匠と呼ばれる監督らと肩を並べた。映画祭では同作品も上演する。

 映画祭実行委員長の吉武あゆみさんは「新進気鋭のタナダさん作品を一度に見られる数少ないチャンス。特に若い世代にタナダ作品の魅力を知ってほしい」と学割料金を充実させたという。

 観覧料金は、前売り券=1,000円(学生700円)、当日券=1,200円(同1,000円)、11月7日フリーパス券=3,500円。上映作品やスケジュールはホームページで確認できる。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース