見る・遊ぶ

小倉の繁華街でイルミネーション点灯式 市民4000人が路上で乾杯

昨年の「イルミネーション撮影会」の模様。写真提供/PhotoClub NUDO

昨年の「イルミネーション撮影会」の模様。写真提供/PhotoClub NUDO

  • 0

  •  

 冬の小倉の繁華街を彩る「小倉イルミネーション」の点灯式が11月6日、「紫江’s」(北九州市小倉北区船場町)前の水上ステージで行われた。

 2001年に始まり今年で15回目。小倉駅周辺から紫川河畔一帯がイルミネーションで飾られ、小倉の冬の風物詩として多くの市民や観光客が楽しみにしている。点灯カウントダウンとともに行われた「大乾杯大会」では、約4000人の参加者がイルミネーションをつまみににぎわい、水上ステージでは地元ゴスペルグループ「SOUL MATICS(ソウルマチックス)」によるライブも行われた。

[広告]

 名物となっている「鴎外橋」の光のトンネルは、今年、米・ニュース専門放送局・CNNのウェブ特集で「最も美しい日本の風景31選」の一つに選ばれ話題になった「河内藤園」(八幡東区河内2)の藤棚をイメージした。トンネル内には世界遺産「明治日本の産業各遺産」の映像を映すスクリーンも設置した。

 点灯時間は17時~22時。2016年1月11日まで。11月22日・28日はイルミネーションをバックに「モデル撮影会」が行われる。問い合わせは「北九州まちづくり応援団」(TEL 093-541-0191)まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース