食べる

小倉のラーメン専門店に「郷土料理かしわめし」 急増する「観光客対策」に

店主の池田さん

店主の池田さん

  •  

 小倉「鳥町食道街」のラーメン店「まるいち」(北九州市小倉北区魚町1)は2月6日から、北九州の郷土料理「かしわめし」をメニューに加えた。

【関連画像】鳥町食道街にある「麺屋 まるいち」

 店舗面積は5坪、席数は9席。ネットの口コミなどでラーメン人気店として上位にランクインするなど、近隣のサラリーマンに人気の店となっている同店。店主の池田和弘さんは「グルメサイトで人気が出たおかげで、遠方からの観光客も多く訪れるようになり、(ラーメン以外の)名物料理を尋ねられる。その都度、郷土料理の『かしわめし』を伝えていたが、提供する店は駅弁当としてテークアウトするしかない。食べられるところがなければ名物料理と言いにくい」と、自身の店でメニュー化することにした。

[広告]

 池田さんは、観光客からおすすめの他店を聞かれることも多く、「店は原則『ワンオペ』なので、いちいち伝えるのが大変」と、自ら編集した近隣のグルメマップも配布している。昨年から急増している韓国人旅行客対策に、韓国語検定を受験するなど、自らの語学も磨いている。

 かしわめしは500円で提供している。ラーメンの主なメニューは、「とんこつラーメン」(600円)、「レトロラーメン」(700円)、「チャーシュー麺」(840円)、「担々麺」(700円)、「味噌とんこつラーメン」(830円)など。

 営業時間は、11時~15時、17時30分~21時。月曜定休。