食べる

小倉の「辻利茶舗」夏季限定かき氷 「粉雪のような」滑らかさ

店長の亀井優八さん

店長の亀井優八さん

  •  

 日本茶専門店の「辻利茶舗」コレット店(北九州市小倉北区京町3)で7月から夏季メニュー「粉雪かき氷」の提供が始まった。

【関連画像】「京都・宇治の抹茶粉雪かき氷」(500円)

 鉋(かんな)のような平たい歯でミルクを練り込んだ氷を薄く削ることで、氷自体に甘さがあるふわふわのかき氷に仕上げている。粉雪のように滑らかな舌触りとトッピングする抹茶やほうじ茶の苦味が相まった「上品な大人の味のかき氷」(社長の辻史郎さん)という。

[広告]

 店長の亀井優八さんによると「昨年、少し大きめの陶器で提供していたが、お客さまからは量が少し多いという声を頂いた。今年は価格を少し下げて、手で持てるカップでの提供にした」という。「京都・宇治の抹茶」「自家焙煎(ばいせん)ほうじ茶」「黒蜜きな粉」「いちご」(各500円)の4種を提供。「連日猛暑が続いているので、週末は100杯を超える人気」とも。

 営業時間は10時~20時。8月15日まで。