食べる 見る・遊ぶ

小倉駅で「クラフトビール」フェス 各地の地ビール16種そろえる

毎日16種のクラフトビールをそろえる

毎日16種のクラフトビールをそろえる

  •  

 「アミュプラザ小倉」3階の東館エントランスで8月3日、期間限定のビールイベント「小倉クラフトビアフェスティバル」が始まった。

【関連画像】小倉駅3階コンコースの特設会場

 客席約50席と立ち飲みカウンターを設ける特設会場で、「スプリングバレー・ブルワリー」(東京都渋谷区)や「ブルックリン・ブルワリー」(米・ニューヨーク州)、「ヤッホー・ブルーイング」(長野県軽井沢町)などのブランドから毎日16種(期間合計19種)のクラフトビールを集め提供する。

[広告]

 そのほか、「グランドキリン」(東京都中野区)、「FAR YEAST(ファー・イースト)」(渋谷区)、「常陸野ネストビール」(茨城県那珂市)、「伊勢角屋麦酒」(三重県伊勢市)などのビールもそろえる。

 料金は1杯500円。日替わりで3種飲み比べセット700円も用意する。フードは、同館1階の「グランダムール」が担当し、枝豆(200円)やフライドポテト、唐揚げ(以上250円)、「炭火焼きチキン」(350円)などを用意する。

 営業時間は17時~20時(土曜・日曜・祝日は12時から)。9月2日まで(8月13日定休)。