暮らす・働く

「シャボン玉石けん」メーク道具洗浄キャンペーン SNSでじわり

メークブラシ洗浄例

メークブラシ洗浄例

  •  

 「シャボン玉石けん」(北九州市若松区二島、TEL 0120-480-095)は現在、無添加の手洗いせっけんを使ったメークブラシの洗浄を提案するキャンペーンを行っている。

 無添加のせっけんメーカーとして知られる同社は、以前から環境負荷の少ない掃除や洗濯を提唱しており、SNS上で「無添加クリーニング」を略したハッシュタグの「#ムテクリ」を用い、普及啓発を進めている。

[広告]

 広報担当者によると「女性用のメークブラシやパフなど、直接肌に触れ、日常的に使うものにもかかわらず、お手入れが面倒という理由で洗浄を敬遠しているケースが多い」という。化粧ポーチなど、夏季の湿度によってこびりついた汚れを、同社のせっけんを用いて洗浄する手順などを、インスタグラムを通じて発信している。フォロワーが1万5000人を超える人気インスタグラマーらが投稿したことで「徐々に広まっている」という。

 同社は今夏、キャンペーンの事前調査として「メークブラシの使用期間」や「メークブラシやパフの洗浄のタイミング」などのアンケートを取り、多くの女性が、洗浄が面倒と感じている結果を得た。6月には家庭用洗剤や柔軟剤に含まれる過度な香り付けへの「アンチ香害」広告を展開するなど、個性的な着眼点で商品提案をしている。