食べる

門司港で「オクトーバーフェスト」 九州の地ビール4社「メルツェン」持ち寄る

峯松さん(右端)ほか、4社がそろってビールを提供する

峯松さん(右端)ほか、4社がそろってビールを提供する

  •  

 九州内の地ビールメーカー4社が醸造したビール「メルツェン」を持ち寄る「九州オクトーバーフェスト」が10月5日~8日、「門司港レトロ中央広場」(北九州市門司区東港町)で開催される。

 広場に隣接する「門司港地ビール」(同)が、「霧島ビール」(宮崎県都城市)、「ひでじビール」(延岡市)、「熊本クラフトビール」(熊本県熊本市)の九州内のクラフトビールメーカーに呼び掛け開催するもので、4社が一斉に3月から仕込みをした「メルツェン」を持ち寄る。

[広告]

 ドイツのビールブランド「ホフブロイ」「シュパーテン」「レーベンブロイ」「パラウな」「ハッカープショール」「アウグスティナー」をはじめ、プレッツェルやソーセージなどのドイツグルメも取りそろえる。

 本場ドイツの「オクトーバーフェスト」は、春に仕込んだビール「メルツェン」が10月に飲み頃になることに合わせて行われており、現在日本各地で不定期に行われている同様のイベントとは趣旨が異なる。

 峯松さんは「ただのビールを飲むお祭りではなく、収穫の喜びやビールの出来を感謝するイベントとして根付かせたい」と、旧知の各ビールメーカーに声掛けしイベント開催にこぎ着けた。「本来の趣旨でのオクトーバーフェスト開催は、九州内では初」とも。来場客数は約2万人を予想する。

 開催時間は11時~21時(5日は17時から)。