見る・遊ぶ

北九州のど派手衣装「成人式」 晴れ着でゴミ拾いも

「衣装にかかった費用は25~30万円くらい」

「衣装にかかった費用は25~30万円くらい」

  •  

 毎年、参加者のど派手な衣装が全国的な話題になる「北九州市成人式」が1月13日、「北九州メディアドーム」(北九州市小倉北区三萩野3)で行われた。

【関連画像】セクシーな肩出し衣装の新成人

 今年の新成人は昨年より274人多い9770人で、成人式には7500人が参加した。数年前からネットを中心に「修羅の国」や「ヤンキー文化の街」などと揶揄される北九州の成人式。ここ数年間の傾向として、女性はほぼ全員が振袖の晴れ着で、一部肩出し衣装の奇抜な姿も見られる。

[広告]

 男性は、参加者の一部が中学校の校区などでグループを組み、名前などを染め抜いた横断幕を持参するど派手な衣装のグループが多いのも特徴となっている。衣装のほとんどは、近くの貸衣裳店「雅(みやび)」(宇佐町1)で作られ、前日の深夜から当日の式直前まで、約1000人の着付けが行われている。八幡東区から参加した男性ペアは「衣装の費用は25万から30万くらい」と話した。

 一昨年から始められた式終了後の「まちに感謝!おそうじ大作戦」には、たすき掛けした晴れ着姿の新成人ら160人が参加した。市子ども家庭局青少年育成係担当者によると「(清掃活動によって)新成人の違った側面が報道されるようになった。ど派手な衣装イコール『すさんだ成人式』という図式の報道もまだ一部あるが、礼儀正しい若者も多く、志ある新成人の姿も見て欲しい」と話す。

 同級生らとの会話がはずみ騒然とする芝生広場とは対象的に、式典会場内では、「キタキューマン」による抽選会や、今年成人となるソプラノ歌手・浜田侑里さんが歌声を披露したほか、北橋健治北九州市長による祝辞などが粛々と行われていた。