食べる

小倉駅前の焼き鳥店「ジル・アンド・コー」 店主入れ替わり「二毛作」ランチ営業

ランチタイムのシェフ・杉野重人さん

ランチタイムのシェフ・杉野重人さん

  •  

 小倉駅前の焼き鳥店「Gill & Co(ジル・アンド・コー)」北九州市小倉北区魚町1、TEL 093-967-0248)が2月4日、昼と夜で店主が入れ替わる「二毛作」ランチ営業を始めた。経営はコワーキングスペース「秘密基地」(京町2)。

【関連画像】「炭焼き日向鶏の白湯(パイタン)ラーメン」

 昨年3月、店主の太田耕輔さんが「ハニーマスタード」「ジェノベーゼ」などの変わり種ソースを使った「新ジャンルの焼き鳥店」としてオープンした同店。

[広告]

 これまでは16時以降の営業だったが、「秘密基地」シェフの杉野重人さんが、「城野おやじの会 野菜生産部会」(小倉南区富士見)が作る、規格外のネギやトマトと出合ったことからランチ提供のヒントを得た。

 都内の有名店やホテルでフレンチ調理人として修業を積んだという杉野さんは「皮の薄いトマトや青い部分が大きいネギなどは出荷(流通)に適さないが、野菜本来のうま味がしっかりあり、それらを素材にしたメニューを提供したいと考えた。力強い野菜の味をうまくデザインして、それぞれの強みをバランスさせたラーメンや丼、カレーを完成させた」と自信を見せる。

 ランチメニューは、「炭焼き日向鶏の白湯(パイタン)ラーメン」(750円、大盛り850円)、「北九州野菜と日向鶏ササミのサラダ丼」(780円)、昨年オープンした「モンゴルカレー」(戸畑区境川)とコラボした「炭火焼き日向鶏の竹炭黒カレー」(700円)の3種。「いずれは別の店ともカレーなどでコラボしたい」と意欲を見せる。

 ランチ提供時間は月曜~金曜=11時30分~14時。焼き鳥店の営業時間は16時~24時(日曜・祝日は23時まで)。