食べる

八幡に商業施設内初「資さんうどん」 お子さまセットも初

オリジナルトートバッグを肩掛ける佐藤崇史社長

オリジナルトートバッグを肩掛ける佐藤崇史社長

  •  
  •  

 「資さんうどん 八幡東店」が3月18日、「イオンモール八幡東」(北九州市八幡東区東田3)のレストラン街にオープンした。

店頭に「ぼた餅」実演コーナーを備えるのも初

 路面店を中心に福岡県内に38店、山口県内に2店展開する同チェーンの41店舗目で、商業施設内への出店は初。社長の佐藤崇史さんによると「数年前まで『中央町店』があったが閉店した。このエリアに再度出店を望むお客さまの声も多く、デベロッパー側からの要請もあり出店を決めた」という。場所は1階「回転寿司 おどり寿司」跡で、店舗面積は約73坪、席数は86席。

[広告]

 「(通常の)24時間の店舗と基本的なオペレーションは同じだが、立地を考慮して他店にはない『お子さまセット』(うどんまたはカレー、580円)を用意した。営業時間が短く、平日と週末とでは来店客数が大きく変わることを想定して、スタッフのシフトが課題」とも。

 同社は2月末をもって系列の「ちゃんぽん響」の3店舗を閉鎖した。「経営資源の集中化」がその理由という。「福岡の資さんから、九州を代表するうどんチェーンの資さんに変わろうと注力している」と、佐賀県初となる「佐賀店」(7月予定)や福岡市博多区中心部(今秋予定)などの出店計画も明かした。

 営業時間は10時~22時。来店客にオリジナルトートバッグを進呈(3月21日・22日=先着200組、23日・24日=同400組)する。

  • はてなブックマークに追加