暮らす・働く

TOTO「トイレ川柳」募集始まる トイレットペーパー型の川柳集に掲載

トイレットペーパー型川柳集(昨年)

トイレットペーパー型川柳集(昨年)

  •  
  •  

 衛生陶器メーカー「TOTO」(北九州市小倉北区)が6月17日、「トイレ川柳」の募集を始めた。

 「トイレは毎日みんなが使う、生活に密接に関わる場所です。そんなトイレでのおもしろ話、思い出など、トイレにまつわるエピソード」(プレスリリース原文ママ)をテーマに2005(平成17)年に始まり今年で15回目。上位入賞者には、「タンクレストイレ・ネオレスト」や「携帯ウォシュレット」などが進呈されるほか、優秀作の20句はトイレットペーパー型の川柳集に掲載される。

[広告]

 広報担当者によると「毎年ユニークな句が寄せられ、過去14年間の応募総数は約34万句に上る。」という人気イベントになっている。「近年は『進化する未来のトイレ』や『世界に誇る日本のトイレ』といった、日本のおもてなしトイレ文化に関する句が増えている」とも。

 今回は、多くのスポーツ国際大会が日本で開催されることを反映して「スポーツとトイレ賞」や、授業に川柳を取り入れている学校もあることから「中学生・高校生賞」を新設した。「『サラリーマン川柳』のように多くの方に愛される存在に育てたい」と期待を込める。

 8月18日締め切り。

  • はてなブックマークに追加