食べる

小倉「井筒屋」でイタリア展 食材や雑貨50社集まる

「ピッツァ・アル・ターイオ」の嶋岡圭吾さん

「ピッツァ・アル・ターイオ」の嶋岡圭吾さん

  •  
  •  

 イタリアの食品や工芸品、雑貨などを集めたイベント「イタリア展」が9月11日、「井筒屋小倉店」(北九州市小倉北区船場町)で始まった。

【関連画像】イベント初出店した「ボッテガ・デル・カフェ」のパニーニ

 本館8階の特設会場にピザやチーズ、ドルチェ、ソーセージ、パン、オリーブオイル、ワインなどイタリアの地方色豊かなグルメのほか、アクセサリーやバッグ、食器、服飾雑貨など50社(団体)が出店する。2015(平成27)年から開かれ5回目。

[広告]

 イートインスペースでは、「カフェ・オスピターレ」(福岡市博多区)と「ピッツァ・アル・ターイオ」が、切り売りのピザとコーヒー、スイーツなどをセットしたランチセット(1,296円)を提供するほか、「予約の取れないレストラン」として知られている「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」(東京都中央区)が「オマール海老とフレッシュトマトのスパゲティ」(2,160円)やティラミス(432円)をそろえる。会場内で購入したものを食べることもできる。

 宮崎県綾町の「イタリアン自然食材の店 クッチーナ・リナルド」は、九州産小麦粉や宮崎産の塩で作る手打ち生地をベースに、有機野菜や自家製のチーズで作る「天然酵母ピザ」(540円)や「ピッツァドルチェ」(594円)などをそろえる。

 開催時間は10時~19時。今月16日まで。14日は「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ」の落合務シェフが来場し、トークイベントを行う予定。

  • はてなブックマークに追加