3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

小倉「船場広場」のレモネードスタンド ホットメニューで客と交流

店主の西方俊宏さん

店主の西方俊宏さん

  •  
  •  

 船場広場(北九州市小倉北区船場町)のキッチンカー「エール・アンド・エイド」が9月に開業して3カ月が過ぎ、今月からホットメニューを提供している。経営は、ゲストハウス「タンガテーブル」(馬借1)などを運営する「北九州家守舎」(魚町3)。

「グランピングをイメージした」というドーム型ベンチが設置された「船場広場」

 米「エアストリーム」社のキャンピングカーをモチーフにした鏡面仕上げのボディーが特徴で、レモネードを主力メニューとして提供している。コーヒーを提供するモノトーンのキッチンカー「ザ・カップ」と並んで「繁華街のおしゃれなゾーンにふさわしい雰囲気づくりを目指している」と店主の西方俊宏さん。

[広告]

 同広場は、以前ここにあった旧小倉ホテル解体費用を、北九州市が一部負担することで、公共空間としての定期借地権(10年)を得て「船場広場」として7月供用を開始した。ドーム型のベンチやステージが設置され、利用する通行客が増え、「平成中村座 小倉城公演」の開催前に中村勘九郎さんらが公演あいさつをするなどした。同社は、広場の管理運営にも携わっており、都心部のにぎわいづくりを担っている。

 西方さんは「温かいドリンクやコーヒーを通じて、お客さまともコミュニケーションが広がっており、常連も付き始めた。町なかの誰でも楽しめる場所としてイベントなども仕掛けていきたい」と期待を寄せる。

 「使用するレモンは、広島や熊本、佐賀の無農薬にこだわった農家さんから提供されている」といい、「ホットレモネード」「ホットジンジャーレモネード」(以上500円)、「レモンケーキ」(200円)などレモン中心のメニュー構成となっている。アルコール「ハイボール」「生ビール」(以上500円)も用意する。

 営業時間は11時~18時。

Stay at Home