3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

小倉・旦過の居酒屋「コンペイトウ」1周年 東京から「Iターン」移住で

千葉雅由さん

千葉雅由さん

  • 71

  •  

 小倉・旦過の居酒屋「コンペイトウ」(北九州市小倉北区魚町4)が8月11日、開業から1周年を迎える。

昭和の映画ポスターや、簡便なベンチなどがレトロ感あふれる店内

 東京から家族とともに「住みやすさや九州の食材の良さを理由にIターン移住」し、小倉らしさやレトロな雰囲気が色濃く残る「小倉昭和館」向かいの場所で店を開いた店主の千葉雅由(まさよし)さん。コンペイトウという店名には「人の個性を色に例えて、多様な人々が集まる場所にしたい」「戦争中の配給で金平糖が配られて、落ち込んだ人たちが少し笑顔になったように、ここに来たお客さんがより一層明るくなって帰ってほしい」という気持ちを込めたという。

[広告]

 「オープンから半年が過ぎ、徐々に軌道に乗り始めたころ、従業員の増員も考えていたタイミングで、新型コロナウイルス感染症が拡大した。営業することすら悩む時期もあったが、時間を短縮したり、テークアウトを始めたり、試行錯誤しながら乗り越えてきた」と、1年を振り返る。「市場の方々や近所の八百屋さんにも仲良くしてもらっているので、その素材を生かして毎日飽きの来ない料理を提供し続けることが、自分らにできることだと思う」とも。

 「北九州にいながらも、各地の食材やお酒を楽しめるお店にしたい。今までにない組み合わせを楽しんでもらえたら」と、岩手県産の日本酒や千葉の銚子港から直送した金目鯛など、各地の特産品を、季節に合わせて取りそろえている。人気の定番メニューは、「牛すじ煮込み」(580円)、「ザァクザァクチキン」(680円)など。

 現在、「1周年記念感謝祭コンペイトウ縁日」を開催中(8月11日まで)で、かき氷やお好み焼きなど、夏祭りをイメージしたメニューも用意する。浴衣を着て来店すると、ドリンク一杯無料の特典も。

 営業時間は、火曜~金曜=12時~14時30分、18時~23時、土曜=18時~23時、日曜=17時~22時。月曜定休。

Stay at Home