暮らす・働く

工業用パッキン加工メーカー「大安産業」、マスクバンドでBtoC

社長の小川拓郎さん

社長の小川拓郎さん

  • 57

  •  

 工業用パッキン製造業の「大安(だいあん)産業」(北九州市小倉北区西港町)が1月、マスクゴム紐による耳の痛みを軽減するシリコンゴム製マスクバンド「みまもり君」の販売を始めた。

販売中のシリコン製マスクバンド「みまもり君」。今後、葛原本店でも販売予定

 社長の小川拓郎さんによると、「昨年は、コロナ禍にもかかわらず業績は堅調で、自分たちだけ忙しくしているのは良いのだろうかという気がしていた。企業理念には『有意義な仕事と社会への貢献』を掲げており、自社の設備と加工技術で市民に役立てるものはないかと考えるなかで、マスクバンドの製作を思い付いた」という。昨年5月にはマスクと合わせて300枚を北九州市新型コロナウイルス感染症対策室に寄贈した。

[広告]

 同社の主力製品は、大規模工場などに納入する工業用のパッキン(シール材)で、「少量多品種に適した生産設備なので大量生産には向かない。(マスクバンドが)今後主力商品に育つとは考えていないが、少しでも市民生活に貢献したい」と一般販売を決めた。

 BtoC事業への挑戦という新しい取り組みが社員のモチベーション向上にもつながった。「普段は市民の目に届きにくいものを作っているが、縁の下の力持ち的な重要な役割を果たすものが多い。マスクバンドも目立たない商品だが、小さな工夫を重ねた」と胸を張る。

 価格は770円(2個セット)。「サンリブ」若松店(若松区本町3)、高須店(高須南2)、三ヶ森店(八幡西区三ケ森3)、「サンリブくりえいと宗像」(宗像市)で販売する。