学ぶ・知る

小倉駅前にコワーキングスペース-繁華街の一角に「秘密基地」

秘密基地を運営する岡さん(左)と宮脇さん

秘密基地を運営する岡さん(左)と宮脇さん

  • 0

  •  

 小倉・京町に1月11日、コワーキングスペース「秘密基地」(北九州市小倉北区京町2)、TEL 093-967-1003)がオープンした。運営は店舗内装などを手掛ける「スペースデザイン・モブ」(中島1)

約100坪のスペースにソファーやデスク、ビリヤード台などを並べた

 約100坪のスペースを、ソファや机を備えたフリーアドレスのコワーキングスペース(約50席)と個室9室(約3坪~5坪)で構成し、厨房やカウンター、ビリヤード台なども備え、パーティーなどの需要にも応える。近隣は、パチンコ店や風俗店、居酒屋、サウナなどが並ぶ雑多な繁華街で、11日に開かれたオープニングパーティー参加者の多くが「こんな場所にこんな空間が。まさに秘密基地」と驚きを隠せないでいた。

[広告]

 店舗設計や内装工事が本業の同社が、「人が集まる場所や仕組みづくりを行うことで市街地を活性化し、その運営ノウハウの蓄積やネットワークづくりをしながら、やがて自社のへのフィードバックを」(同社の岡浩平さん)と開業した。「デザインなどを魅せるショールーム的な意味合いもある」という。

 レストランやカフェなど、飲食店を多く手掛けてきた同社だけに、「造った店が数年後には消えている。出店しては消えを繰り返す飲食や小売業界の厳しさ」を熟知している。「どんな業界でも大きな投資をせず、リスクを最小限にとどめるため、小さなニーズの掘り起こしを繰り返すビジネスが主流になる」と、これからの事業を見通す岡さん。「その場合、何かを事業をしようするときに、一社だけに相談するよりも、集団に声掛けしたほうがスピードや鮮度を重視したビジネスを展開できる。小さな個の塊のようなコワーキングスペースが役に立てられる」と期待を込める。

 18時以降は「パブタイム」として営業し、ベルギービール「Leffe(レフ)」(600円)、「スーパードライ」(500円)などのアルコールを提供する。

 営業時間は8時~24時(18時~24時はパブタイム)。利用料は、ショートタイム(2時間)=500円、ドロップイン(1日)=1,000円、マンスリー(月額)=1万2,000円。個室は4万3,000円~(月額)。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース