プレスリリース

九州初 フリースクール等利用者への給付型奨学金事業

リリース発行企業:一般財団法人ちくご川コミュニティ財団

情報提供:

一般財団法人ちくご川コミュニティ財団(福岡県久留米市)は、学校に行けない・行かない子ども(不登校の子ども)の学びを応援する取り組み「子どもの多様な学びの場を保障するための基金」プロジェクト(以下「多様な学び基金プロジェクト」)を始めます。 フリースクール、オルタナティブスクール、ホームエデュケーションなど、公的な学校以外を学びの場として選択する子どもたちを対象にした給付型の奨学金事業です。民間財団が、フリスクール等利用者への奨学金事業とその基金を立ち上げるのは九州初です。 地域や市民みんなで支えるプロジェクトとして、まずは基金の立ち上げを目指すクラウドファンディングを実施します。基金の愛称やロゴマーク募集も順次始まります。 このプロジェクトに加わる西日本新聞社(福岡市)は九州トップの発行部数を誇るブロック紙で、教育や多様な学びに関する報道を続けています。基金の立ち上げや奨学金事業に関する情報を地域に届けるために報道します。




クラウドファンディングについて
実施期間:2023年12月1日(金)~2024年1月31日(水)
目標金額:300万円
クラウドファンディングページURL : https://congrant.com/project/chikugogawa/8745


ご寄付300万円を原資に基金を立ち上げます。翌年度以降も寄付募集で年間200万円を調達、毎年5名程度に奨学金を給付することを目指します。
このクラウドファンディングは、寄付決済サービスのコングラントが提供する、寄付金が100%届くクラウドファンディング「GIVING100 by Yogibo(ギビングハンドレッド)」が適用されています。一般的なクラウドファンディングサイトでは9~20%の手数料が発生しますが、GIVING100 by Yogiboでは目標金額を達成することで決済手数料が免除されます皆様のご寄付全額を、この基金に活用することができます。


「多様な学び基金プロジェクト」の背景

少子化が進む日本で、学校に行けない・行かない子ども(不登校の子ども)が増えています。文部科学省によると2022年度、全国の小中学校で30日以上欠席した不登校の児童・生徒の数は29万9048人。2002年度からの20年間で約16万8千人増加しています。この20年間で児童・生徒の数は約168万人減少し過去最少にも関わらず、不登校の子どもの数は過去最多です。
不登校の子どもたちにとって、学びの場の選択肢にフリースクールやオルタナティブスクール、ホームエデュケーションなどがありますが、利用料などの経済的負担が困難となり、学びの場や社会との繋がりが絶たれ、孤立する子どもとその家族が少なくありません。私たちは基金を設立し、”子どもが学びたい時に、学びたい場所で学べる地域社会”を実現したいと考えています。

奨学金事業のスケジュールと概要
2024年1月31日:基金設立のためのクラウドファンディング終了、基金設立
2月下旬:奨学生募集開始
3月:選考開始(ちくご川コミュニティ財団 審査委員会にて実施)
4月:奨学金給付













※1 福岡県内のFS等(26箇所)の入学(会)金の平均値53,634円、中央値38,500円より算出
※2 福岡県内のFS等(26箇所)の月謝の平均値35,719円、中央値30,000円と交通費を考慮して算出

ちくご川コミュニティ財団とは

福岡県で初めて、市民が立ち上げたコミュニティ財団として2019年に誕生しました。九州最大の河川「筑後川」が流れる地域(福岡、佐賀、熊本、大分の4県)で、CSO(市民活動団体)をサポートする中間支援組織です。
「子ども若者支援」「災害支援」に焦点を当て、独自の基金による助成事業のほか、休眠預金等活用事業の資金分配団体を務めています。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース