3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

「リーガロイヤルホテル小倉」高価格帯フロア刷新 専用ラウンジ新設も

小倉駅や紫川、沿岸の工場群を地上約100メートルから臨む

小倉駅や紫川、沿岸の工場群を地上約100メートルから臨む

  •  
  •  

 「リーガロイヤルホテル小倉」(北九州市小倉北区浅野2)の最上層階「タワーフロア」(33室)が2月28日リニューアルされ、同フロア宿泊客専用のサロン「タワーライブラリー」が新設された。

新設した「タワーライブラリー」。森鴎外や松本清張など文豪から、リリー・フランキーさんなどの人気作家まで

 富裕層向けの高価格帯ゾーンとして以前から稼働してきたフロアの33室を改修した。2階レストラン「リートス」などを含めた改修費用は10億円に及ぶ(うち、客室の改修費用は約6億円)。

[広告]

 一般客の朝食は「リートス」で有料提供するが、タワーフロアの宿泊客には、地元の海産物などを使った和洋朝食を28階「シャンボール」で無料提供する。

 同フロア利用客向けの専用サービスとして、フィットネスジム利用無料や専用アメニティー「タルゴジャパン」などを用意するほか、専用ラウンジ「タワーライブラリー」を新設した。

 「主に50代以上のご夫婦が里帰りなどの目的での利用が多かったことから、北九州市の魅力を再認識してもらえるよう」(広報担当者)、地元ゆかりの作家や風景写真集などを集めたという。選書は、書籍取次店大手の「日本出版販売」(東京都千代田区)が行い、歴史・文化・生活・芸術・自然のコーナーに分け、約1000冊をそろえる。

 タワーフロアの宿泊料金は、ツイン=4万2,350円~、デラックス=7万2,600円~、ジュニアスイート=12万1,000円、クラウンスイート=14万5,200円。

Stay at Home