見る・遊ぶ

小倉の県道下に「西鉄北九州本線」の枕木続々-道路補修工事で発掘

「アスファルト表面に凹凸を生む原因となる」という枕木。

「アスファルト表面に凹凸を生む原因となる」という枕木。

  •  
  •  

 小倉北区の県道「竪町到津線・金田陸橋」の舗装補修工事で、1992年まで同所を走っていた路面電車「西鉄北九州本線」の枕木が掘り起こされている。

次々と発掘され廃棄される枕木。

 路面電車の線路には一見、枕木は使われていないように見えるが、一般的に「枕木の上に線路を敷き、周囲をアスファルトで埋める」工法が取られている。今回見つかった枕木は100本以上。工事を発注した市小倉北区まちづくり整備課では、「この路線には、いまだ枕木が埋められたままの箇所が相当数ある。枕木が腐食することでアスファルト表面に凹凸ができる。定期的な舗装補修工事と共に枕木を撤去している」と話す。撤去された枕木は今後廃棄するという。

[広告]

 工事は11月7日まで行われる予定。

  • はてなブックマークに追加