天気予報

34

26

みん経トピックス

ギラ北九州応援特大フラッグ小倉のロイホ閉店

小倉で「就農セミナー」 元会社員らが「実体験交え」講演

小倉で「就農セミナー」 元会社員らが「実体験交え」講演

「農業に転身して3年目」という、築上町で米やブロッコリーを作っている椎葉千亜紀さん。(写真提供: 福岡県行橋農林事務所)

写真を拡大 地図を拡大

 小倉駅新幹線口のKMMビル(北九州市小倉北区浅野2)で1月23日、農業への転職希望者を対象にした相談会が開催される。主催は「京築地域農業・農村活性化協議会」(事務局=行橋市中央1、TEL 0930-23-4215)。

前回の相談会の模様

 これまで北九州市や京築エリアで「就農」した農家が講師となって「実体験をもとに、就農にあたっての心構えやアドバイス」などを話すセミナーと、個別相談会の2部構成となる。相談会では、「就農にあたっての支援策」「就農に向けた研修方法」などの相談を受け付ける。

 2012年に新規就農者に対する国の給付金制度が発表され、同時期から問い合わせが増えたといい、以降、毎年10人ほどの新規就農者を受け入れ「現在は約35人が農業従事者として活躍している」(同協議会担当者)という。

 全国的に農村エリアの過疎化が進み、高齢化による担い手の不足などによって、耕作放棄地が拡大している。他方で「TPP」締結などの外的要因も背景に、農業の6次産業化や自活が求められている。同エリアでは、米・麦・大豆のほかイチゴの「あまおう」やレタス、スイートコーン、イチジクなど園芸品目の生産が盛んで、同協議会では「経営の拡大や法人化を重点的に支援」している。

 開催時間は13時~16時30分。参加無料。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

2016年1月で閉店した「マクドナルド小倉魚町展店」が取り壊され、平地になっていました。
[拡大写真]

アクセスランキング