暮らす・働く

北九州モノレールに宅配便ロッカー「プドーステーション」増設

香春口三萩野駅にある「PUDOステーション」

香春口三萩野駅にある「PUDOステーション」

  •  

 宅配便ロッカーの「PUDO(プドー)ステーション」が11月1日、北九州モノレール「片野駅」と「城野駅」に設置される。既存の「香春口三萩野駅」「競馬場前駅」と合わせて4カ所となる。設置業者は「パックシティジャパン」(東京都千代田区)。

 同ステーションは、社会問題になりつつある「宅配便の再配達」軽減を目的に、宅配業者を問わず受け取れるサービスとして全国展開しているもので、北九州モノレールでは昨年12月「香春口三萩野駅」「競馬場前駅」に設置した。

[広告]

 モノレールを運営する北九州高速鉄道の営業担当者によると「設置当初から約1年が過ぎ、利用者は倍増した。乗降客数や周辺人口を考慮しながら、お客さまサービスの向上を目的に、新たに2駅に設置する」という。

 利用者は、宅配業者からメールなどで送られてくるパスワードを入力することで荷物を受け取ることができる。