見る・遊ぶ

小倉の「チャチャタウン」20周年 ドライブインシアター初開催

イルミネーションが施されたステージと観覧車

イルミネーションが施されたステージと観覧車

  • 323

  •  

 複合商業施設「チャチャタウン小倉」(北九州市小倉北区砂津3)が11月23日、開業20周年を迎える。

開業20周年を迎える「チャチャタウン小倉」

 同施設は、1992(平成4)年に砂津~黒崎間が廃止された路面電車の「西鉄北九州線」砂津車庫跡地を活用し、2000(平成12)年11月開業した。経営は「西日本鉄道」(本社=福岡市博多区)。

[広告]

 地上60メートルの観覧車が目印で、シネマコンプレックスや大型駐車場を擁するまち中のショッピングセンターとして、幅広い世代に人気の施設となっている。円形に配置されたテナントの中庭にステージと観客席があり、連日無料で観覧できるイベントを開催するなど、独自の集客活動も行う。

 「20周年という大きな節目だが、(コロナ禍で)3密を避けるためにたくさんのお客さまに来てもらえないもどかしさがある。毎日イベントを開催しているという特徴を崩したくない」(支配人の荒瀬聡さん)と、お笑いコンビ「ティモンディ」や、「THE RAMPAGE from EXILE TRIBE」メンバーで北九州出身の藤原樹さんの記念ステージを、11月23日、ユーチューブライブで行う。ライブ鑑賞には施設内に掲示されたパスワードが必要。

 同日、観覧車を無料開放する予定。観覧車の営業時間は11時~21時。

 12月12日・13日には、駐車場5階を利用したドライブインシアター「クルマdeシネマ」を初開催する。上映作品は「ミニオンズ」「ドリームガールズ」など。ホームページで参加を受け付ける。